痩せるための食生活とメニュー

食生活で痩せる方法

 

痩せる運動はウォーキング、ランニング、スイミングと様々です。早い話が続けることができる自分にあった運動をすることです。食事制限無しで痩せるには、運動にて脂肪を燃焼させることです。
大体200カロリーを燃焼させるには、ウォーキングで一時間、大股早歩きのウォーキングで40分くらいです。エアロビクスやコアリズム、ヤーナリズム、ボクササイズなどの激しいダンスならば20?30分くらいで燃焼するでしょう。

 

しかし最初の15分は燃焼しません。脂肪が燃焼し始めるのは、運動開始後15分たって汗をかきはじめてからです。ですから最低一時間は動き続けないと効果は出てきません。家でテレビの画面を見ながら、DVDのエアロビクス、コアリズム、ヤーナリズム、ボクササイズなどをしてると、みるみる効果が出てきます。激しい運動なので食事制限無しでも、すごい効果が出てきます。全身運動なので、ただ痩せるのと違い見事なスタイルに変身出来ます。食事制限無しなのでストレス無く痩せる事が出来るのです。

 

 

痩せる食生活のコツ

食事を改善して痩せる方法はカロリー計算が必要です。痩せる食生活のコツは、いかにカロリーを抑える調理方法と食材で作るかです。
夕食は白米は食べずにバランスのよいおかずだけの方法をとっている人も多いですね。おかず特に脂質と糖分、炭水化物を抑えて、味付けや調理方法に、油や砂糖を使わないようにします。

 

どうしてもご飯が食べたいときはご飯を炊く時にお米に糸コンニャクを混ぜて、炭水化物の摂取を減らしたり、肉は脂の無い赤身を使う。
甘いスイーツなどは、カロリーゼロの甘味料を使って作ります。便通が良くなるような食材を献立に取り入れたり、脂肪を燃焼させる唐辛子などの辛い物も取り入れましょう。代謝が良くなるように生姜もふんだんに使います。
生姜の力で体温を上げれば脂肪を燃焼させる効果がより活発になります。満腹感がでて、カロリーゼロの寒天を料理に沢山とりいれたり、麺類の麺を春雨に変えてカロリーを抑えた食事にしましょう。
いろいろと工夫して、摂取カロリーを抑える献立にしましょう。

 

 

産後ダイエットにおける食事制限

産後ダイエットはできれば6ヶ月以内が理想だといわれています。産後ダイエットが上手くいかないパターンとしては、食事制限が上手くできない場合です。
授乳中のママの場合は食事制限をすることはできません。ママは赤ちゃんに母乳をあげるために栄養を考えて食事はしっかり食べないといけません。抱っことかいろいろ体力を使いますからしっかり食べないとカラダに負担がかかってきます。食事制限してダイエットするのはおすすめできません。
食生活のバランスをしっかりと工夫すればダイエットも可能になります。母乳にはよくない食材は甘い糖分の多いもの。ゼリーなどは代表です。
産後関係なく、一般的に太りやすいとされている食べ物は、乳腺炎をおこしたりします。授乳中のママはとくに食べない方がいいようです。ママが食べたものは母乳になって赤ちゃんが飲みます。ママはそれを第一に考えて三食のバランスを考えて食べるだけで健康にダイエットができますね。そ
れに散歩やストレッチなどをとりいれれば無理なく産後ダイエットができます。気持ちをゆったりもって楽しみながらダイエットをする方が赤ちゃんもゆったり育つというわけです。食事は栄養バランスを考えるだけでいいのです。

 

足やや太もも、ふくらはぎを細くしたい時に役立つ部分やせの知識はこちらでチェック!

 

>> 細いふくらはぎになる方法