しじみ肝臓

しじみはなぜ肝臓に良いの?

しじみはよく肝臓に良いと言われますが、なぜ肝臓に良いのというと、タウリンや良質のタンパク質を栄養素として含んでいるからです。肝臓を助けるといわれる栄養素であるタウリンが、しじみには沢山含まれています。しじみに含まれる栄養素は、オルニチンをはじめ、必須アミノ酸が理想的なバランスで含まれています。カルシウムや鉄分、ビタミンB12などのビタミンB群も豊富で、ミネラルは貝類の中では最も多いと言われています。二日酔いにはしじみ汁が良いと言われているのは、しじみに含まれる必須アミノ酸にあります。アルコールを飲み過ぎると、肝臓の肝細胞は損傷を受けますが、必須アミノ酸を補給すると、修復することができます。しじみはアミノ酸のバランス面で優れていて、低脂肪で消化吸収がよい特質があります。そのため、肝臓への負担は小さいのです。しじみの豊富なミネラルがタンパク質の合成を補完し、タウリンが、肝細胞の再生を促して肝臓の解毒作用を活発化させます。そしてメチオニンが肝臓の機能を正常に維持し、良質のタンパク質が、肝臓の細胞の再生と修復を促進するので、肝臓の機能を早く回復できるのです。また、ビタミンB2とB12が肝臓の機能を高めてくれます。

 

しじみサプリメント